アイフルに断られたら中小の消費者金融に申し込んでみよう!

アイフルの審査5つのチェックポイント

アイフルで落ちたからプロミスやアコム、モビットのような大手消費者金融に申し込んでも審査落ちになる可能性が高いです。プロミスやアコムなどアイフルと同じ大手消費者金融は同じ個人信用情報を参照していますし、審査基準も似たようなものだからです。

そういうときは、中小の消費者金融に申し込むのがお薦めです。なぜなら中小の消費者金融には大手で借りられなかった人を救うという使命感があるからです。

ここでは、中小でも安心して借りられる消費者金融をご紹介します。

全国振込対応!フリーローンからビジネスローンまで
  • 審査最短30分、最短即日で振り込み融資
  • 日本全国対応!来店不要でスマホから申し込み可!
  • 担保、保証人不要
  • 実質年率 9.85% ~ 18.0%
  • 最大融資額 300万円
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 事業者向けローンや不動産担保ローンも相談できます!
フリーローンからビジネスローンまで多様!
  • フリーローンの他、借換え、レディースローンにも対応
  • 最大融資額 500万円
  • 借り換え・おまとめローンなら金利 7.3%〜15.0%
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 大手に負けない元気な中小貸金業者
最短即日!来店不要、担保不要で300万円まで!
  • 最大融資額 300万円
  • 年金利 15%〜18%(不動産担保なら4.5%〜12%)
  • 申込みはスマホから
  • 最短即日融資も可能!
  • 来店不要なので日本全国から申込み可能
  • 融資は振り込みです
  • 無名ですが金融庁に登録の貸金業者です!

キャッシングエニー

きめ細かなサービスがモットー
  • 最大融資額 300万円
  • 実質年率 5.0% ~ 20.0%
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 貸金業法に基づくおまとめローンにも対応



連続して申し込まないで

アイフルの審査に落ちたからといって、すぐに他の大手の消費者金融や銀行に同様の申込をしたくなりますが、審査落ちしてすぐに他の所へ申込をすることはできるだけ避けた方が無難だと言われてます。これはアイフルに限った事ではありません。

例えば、アイフルの審査に落ち、次にアコムに申し込んで審査落ち、次にプロミスに申し込んで審査落ちた・・・というケースはよく聞きます。なぜかというと、他社の申込み状況は同業者間で情報共有しているからです。個人信用情報機関という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、それがまさに金融機関で情報共有をしている仕組みです。

だから、アイフルに申し込んだことはアコムは知っているし、プロミスはアイフルとアコムに申し込んで断られているということを知っています。だから、申込を繰り返していく毎に審査には通りにくくなっていきます。だって、何社も審査で落とされた人にお金は貸したくないですよね。

個人信用情報には6か月記録が残る

個人信用情報に審査落ちしたという記録は、6ヶ月で消えると言われています。それまでの間は他の金融機関でも借入ができなくなる可能性があると考えてください。まだ審査落ちしたのがアイフルだけならまだしも、もし、短期間に何社もの申込をしてしまったら6か月はどこからも借り入れはできないかもしれません。

銀行カードローンも望みあり?

銀行は消費者金融に比べて審査が厳しいと言われますが、年収の1/3の制限がないのと(各行独自の年収制限を設けている場合はある)、消費者金融とは違う個人信用情報を使っていることもあるのでアイフルで落ちたことがバレない可能性もあります。

それに、アイフルの審査落ちの原因が単純に年収の1/3の制限だとしたら銀行なら審査に通る可能性はあるといえます。申し込んでみない手はありません。

>>お薦めの銀行カードローンはこちら

銀行カードローンの審査は怖くない

銀行カードローンは、ちゃんと働いていてこれまでクレジットカードを含めて返済の延滞が無ければ銀行の審査はそれほど怖くないでしょう。それに銀行カードローンの方がアイフルやアコム、プロミスといった消費者金融に比べて一般的に金利も低いので、返済の負担も軽くなります。


まだアイフルに申し込んでいない人は

まだアイフルに申し込んでいないが、アイフルの審査が気になってこのサイトに訪れた人は、もちろんアイフルに申し込んでもいいのですが、その前にちょっと待ってください。

もし、あなたがいま無職で無収入だとしたら、どこの消費社金融でも絶対に借りられませんので素直に諦めてください。職探しを先にした方がいいと思います。

また、借入希望額が年収の1/3以上の人は、1/3以下に減らして申し込むか、属性がよければ銀行カードローンに申し込んでください。ただ、銀行は審査に時間がかかることがあるので、今日お金が必要とか急いでる場合は今日なんとか切り抜けられる金額で、しかも年収の1/3以下でアイフルに申し込んでください。そして後日銀行に不足分の申込みをしましょう。ただ、先にアイフルに申し込んだのが銀行でも把握された場合は審査に落ちる可能性もあるので、もし本当に今日中にお金が必要か、少し伸ばせるのであればアイフルには申し込まず銀行カードローンに先に申し込んでみましょう。


安定した収入があり借入希望額が年収の1/3の方
>> アイフルに申込みましょう


安定した収入がありそれほど急いでいいない方
>> 銀行カードローンに申し込みましょう


アイフルのいいところ

アイフルは年収額があまり高くなくても信用情報が綺麗であれば審査落ちしにくい傾向にあります。逆に年収額がある程度高くても信用情報に傷があったり、現在他の金融機関からの借入金を返済中の場合は審査落ちするケースが見られます。

そのためアイフルはパートやアルバイトなどであっても、過去に借入金の返済をきちんと行った実績のある人であれば審査落ちしにくいと言えます。また安定した収入がないとアイフルでもやはり審査落ちしてしまいます。

アイフルで借入を行うには年収額は低くても安定した収入があれば申し込みができます。パートやアルバイトでも借りられたという話は、収入自体は低くても毎月安定している人の例です。

消費者金融を選ぶ理由

消費者金融のいいところは、銀行に比べて審査が早く融資までのスピードも早いという点が大きいでしょう。だいたいお金に困っているときは急いでいることが多いので消費者金融が利用されることが手っ取り早いと言えます。

このページの先頭へ